日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

powershell 複数行 コメント


powershellのコメントは#ですが、複数行コメントしようとしてどうするんだと。

powershell 1行コメント


#コメント書く
#コメント書く
#コメント書く

powershell 複数行コメント


まとめてコメントアウトするとき、#だけだとしんどいので、以下を使う。
<#
コメント書く
コメント書く
コメント書く
コメント書く
コメント書く
#>
スポンサーサイト
2014-11-11 : サーバ管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

windows server 2012でコア別CPU使用率グラフ表示



いままで、windows server 2008では標準でコア別のCPU使用率表示が確認できたけど、2012になったら、デフォルトでコア別で表示されていない。

ちょっと迷ったのでメモ。このあたりがバージョンでコロコロ変わるところが。。。

windows server 2012でコア別CPU使用率グラフ表示する方法


タスクマネージャーを表示

CPUグラフを右クリック

グラフを変更

デフォルトでは、[全体的な使用率]になっているので、
[論理プロセッサ]に変更

これでOK。

(参考サイト)
タスク・マネージャのパフォーマンス・タブの見方(Windows 8/Windows Server 2012編)
2014-11-04 : サーバ管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

WindowsServer Apache アクセスログ 自動ローテーション


いつも忘れるので、メモ。

↓のサイトを参考というか抜粋メモです。
(参考サイト)
Windows版 apache 2.2 ログの自動ローテーション

WindowsサーバでApacheのログを日付単位出力する方法。
ひとまず、サイズが大きくなりやすいアクセスログを設定変更。

apacheのhttpd.confを編集します。

アクセスログの自動ローテーション


CustomLogを検索

(上変更前をコメントアウトして、下文追加)
#CustomLog "logs/access.log" common
CustomLog "| bin/rotatelogs.exe logs/access_%Y-%m-%d.log 86400" common


アパッチ再起動

これでOK。
binのrotatelogs.exeを起動させて1日(86400秒)おきにログ出力するように設定

logsフォルダ下に日付毎出力されます。
access_2014-09-10.log
access_2014-09-11.log

こんなフォーマット
xx.xx.xx.xx - - [10/Sep/2014:21:48:21 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 182


末尾のcommonをcombinedに変更すると、もう少し詳細なログになる。
#CustomLog "logs/access.log" common
CustomLog "| bin/rotatelogs.exe logs/access_%Y-%m-%d.log 86400" combined


こんなフォーマットになります。
xx.xx.xx. - - [10/Sep/2014:22:28:15 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 182 "-" "ELB-HealthChecker/1.0"


ELB-HealthCheckerという文字列が
これは、AWSのELB(ロードバランサ)のヘルスチェックのアクセスってこと。

単純にヘルスチェックのアクセスはログ残さなくて良いかなって。
これをログに残さない方法のメモは次回にしよっと。
2014-09-10 : サーバ管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

PowerShell 実行ポリシー変更 レジストリーキーへのアクセス拒否


PowerShellでスクリプトを実行しようとしてもエラー。
これは想定済み。

セキュリティ上デフォルトでは、実行ポリシーが[Restricted](全てのスクリプトが実行禁止)になっているから、[RemoteSigned]に変更しようと。

PS D:\temp> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned


実行ポリシーの変更でYを選択しても
レジストリーキーへのアクセスが拒否されましたとエラーが。。。

PowerShellを起動する際に、
右クリック、[管理者として実行]で進めないといけないということでした。

なるほど、一度exitして管理者として実行すれば、ちゃんと実行ポリシー変更できました。

PS D:\temp> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

PS D:\temp> Get-ExecutionPolicy
RemoteSigned


(参考サイト)
PowerShellスクリプトの実行セキュリティ・ポリシーを変更する
2014-09-02 : サーバ管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

PowerShell バージョン確認方法


ちょっとWindows PowerShellを業務で使おうと勉強開始。
で、そもそもこのインストールしてあるPowerShellのバージョンいくつなんだ?と。

ウィンドウの右クリックしてプロパティしてもバージョンらしい情報がない。。。
ググると、バージョンのチェック方法は以下のようだ。そもそもver2以上でないとこの調べ方もできないようだけど。

Powershellのバージョンチェック方法


$PSVersionTableで確認できるようだ。

-------------------------------
PS D:\> $PSVersionTable

Name Value
---- -----
CLRVersion 2.0.50727.5483
BuildVersion 6.1.7601.17514
PSVersion 2.0
WSManStackVersion 2.0
PSCompatibleVersions {1.0, 2.0}
SerializationVersion 1.1.0.1
PSRemotingProtocolVersion 2.1

-------------------------------

早くPowerShell使いにならなくては。

(参考サイト)
PowerShell/PowerShellのバージョンを確認する方法・$PSVersionTable
2014-09-02 : サーバ管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。