日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

mac windowsserver リモートデスクトップ 削除ショートカップ


いつも忘れるので、メモ

■mac リモートデスクトップ(windows server)の場合
ファイル削除 fn + delete
ゴミ箱経由せずに削除 shift + fn + delete
スポンサーサイト
2016-09-06 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

softbank法人携帯 Line(ライン) ID検索する方法


ソフトバンクの法人携帯使っているんだけど、法人携帯は個人用と違って年齢が設定されていないので、LineのID検索をする際に、以前は年齢確認の所でNGになっていました。
なので、ふるふるやQRコードでやっていました。

(参考サイト)
【LINE】法人契約回線の場合の年齢認証と利用者登録制度について(au・docomo・SoftBank)


最近、ID依頼が来たので、試しに再度試みたら、法人携帯でもラインID検索できるようになっていたので、メモ。
ちなみに、ソフトバンクのAndroidです。

Lineアプリ起動

設定

プロフィール設定

ID検索許可ON

年齢確認をする

My Softbankにジャンプ、ログイン

注意事項に確認しました。にチェック

同意する

Lineアプリ ID、検索ON

でうまくいきました。
これまでは、MySoftbankの年齢確認で弾かれていたので、できなかったのですが。

まっ、要望がいっぱいあったので対応したんだろうな。


(参考サイト)
【LINE】「IDの検索を許可」設定、法人契約の電話番号でも出来た!その設定手順



2015-08-30 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

html5nagoya勉強会で発表してきた


11result2

最近ブログ更新頻度が低くなってきたので、勉強会参加のネタで。
HTML5NAGOYA #13参加してきました。

勉強会のツイッターまとめはこちら
http://togetter.com/li/677373

特にhtml5色が弱くても発表の練習に使ってくださいと主催者の方が言ってくれるので、いつもテーマ外で発表しているような。
ちなみに今回テーマは、「ソーシャル、SNS」でした。

私は、発表数日前に急いで作成したイレブンカウンター結果サイトで使われている技術的なことを話しました。
ElevenCounterというサッカーの試合を見ながらリアルタイムで採点するアプリ(Android、iPhone)があるですが、これらはアプリインストールしている人しか採点や結果見られなかったのですが、W杯前ですし、採点結果をWebサイトで見れた方が良いかなと思って。
せっかくなら、html5勉強会前作って発表しようと。3日くらい頑張りました。

ちなみにアプリダウンロードurlは以下です。もし良ければW杯で使ってください。
■Androidアプリ
ElevenCounter サッカー実況応援アプリ

■iPhoneアプリ
Eleven Counter

で、今回発表のため?に作ったWebサイトは、これ。
イレブンカウンター採点結果サイト
http://elevenresult.remoword.com/

一応、レスポンシブにしているので、スマホでもちゃんと見えるはず。(ちょっと表示が遅いな。。。)

アプリもWebサイトもグラフ部分は、GoogleChart(Image Charts)使っていて、画像はURLにパラメータいれると、PNGファイルが返ってきて、その画像を表示しています。
Android、iPhone、Webサイトでそれぞれ言語が異なる場合でも、描画部分を自作しなくてすむので楽ちんというわけです。

(参考サイト)
GoogleCharts


アプリの方は、リアルタイムで採点、集計するので、その都度、DBにアクセスして、グラフ描画APIでリクエストしてけど、結果サイトの方は、試合終了後にバッチ処理で、静的ファイルにしてAmazonS3にアップロードするようにして、S3のみでホスティングしているので、DBにも、Webサーバにもアクセス負荷がかからないという風にしてます。

(参考サイト)
@steelydylan さんが既に勉強会まとめ書いてくれています。そっちの方が詳しいかも。
HTML5NAGOYAに参加してきました。


勉強会後、GoogleChartサイト見ていたら、Image Charts(png画像が返ってくるタイプ)はDeprecation Policy(非推奨)になってて、2015年4月20日までに何かしら対応しないといけなさそう。。。
Google Chart Tools: Image Charts
https://developers.google.com/chart/terms

新たに使ってみようって方は注意ですね。
2014-06-12 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

不格好経営―チームDeNAの挑戦 感想


不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営読みました。
本を読む側としては面白いネタがいっぱいあったけど、当事者たちは相当大変だろうなという出来事がスラーと書いてある。

ベンチャーとしての波瀾万丈なところを知ることができたが、多くのスタートアップが一番必要なところは、資金と人材。

本来一番大変な、優秀なエンジニアの獲得と大手企業とのパイプ(資金調達)が簡単にできてしまっているところが一番凄いところなのかなと。

前職のつてなのか、その辺りを一番詳しく知りたかったな(コツとか)
2013-11-29 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アプリの英語マニュアルを作る時に参考になる本


アプリの英語マニュアル作成しようと思って何か良い参考書を探していたら、ぴったりな書籍発見。

そもそも英会話も得意じゃないですが、アプリ系の単語って英語だとどうなるかは、さっぱりだったので、非常に助かる本ですね。

アプリケーションをつくる英語 ―エンジニアよ、世界市場を狙え! ―

「アプリケーションをつくる英語 ―エンジニアよ、世界市場を狙え!」 感想


全体で約300ページくらいあって、3分の2が単語、あとはちょっと構文って感じです。

例えば、こんな例文。
「ページを上下にスクロールするにはホイールを回転させます」
→Rotate the wheel to scroll up and down the page.

英語見れば、あーってなるけど、意外に思いつかない。

私みたいな方には、オススメですね。辞書代わりに使おっと。
2013-07-03 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。