日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

Androidタブレット PC接続



Samsung Galaxy Tab 7.0 Plus / Sham Hardy


Androidタブレット(Unipad:中華パッド)をPCに接続しよう。

■手順
タブレットに電源入れてminiUSBでタブレットとPCを接続。
タブレットにはOTGとHOSTと似たような挿し込み口があるけど、OTGの方です。

PCで新しいハードウェアの検索ウィザードが立ちあがる。

「キャンセル」クリック。

タブレットの上部にUSB接続アイコンが表示されているのを確認。

画面上部のメッセージ通知バーを下にドラッグ。

USB接続をクリック。

USBストレージをONにするをクリック。

これで、PCのドライブが増えているはず。
タブレットのストレージやSDカードが確認できるので、データ交換できます。
2011-05-31 : Android : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

FlashBuilder4.5 Androidアプリ作成


せっかくFlashBuilder4.5とAndroidタブレット(中華パッド)を購入したので、
FlashBuilder4.5でAndroidアプリを作ってみよう

アプリというかテストアプリで全体の流れをマスターします。

パースペクティブを切り替えます。
ウィンドウ→パースペクティブを開く→その他→Flash

プロジェクトの作成します。
ファイル→新規→Flexモバイルプロジェクト

プロジェクト名を記入、SDKをFlex4.5にして「次へ」

モバイル設定
現在、ターゲットプラットフォームはGoogleAndroidのみですが今後iOSが選択できるようになりそうですね。
アプリケーションテンプレートを選択して「次へ」クリック。

サーバ設定は今回は「なし/その他」で「終了」クリック。

今回は軽いテストなので、デザインモードでコンポーネントをぺたぺた貼ったくらいで、OKにしましょう。

ちょっとスマホっぽくしたいので、縦画面、横画面に変えたときにレイアウトが変わるようにしましょう。
これも簡単にステート作成でできちゃう。
Flex 4.5フレームワークは、縦横の画面方向の変更を感知して、自動的にステートを「portrait」「landscape」と切り替えてくれるんので、縦画面(portrait)と横画面(landscape)という2つのステートを作成しておきます。

いろいろ付け加えたら保存。

プロジェクト右クリック→実行→実行の構成で起動方法をデスクトップ上で使用の機器を選択して実行クリック。(私はここに中華パッドがでてくるようにしましたが、後ほど)

ひとまず、エミュレータ上で実行されます。

実機で実行しましょう。
プロジェクトをAndroidアプリ(.apkファイル)として書き出します。
メニューの「プロジェクト」→「リリースビルドのスクスポート」を選択。

エクスポートフォルダ等指定して「次へ」クリック。

デジタル署名が必要なので、「作成」ボタン証明書ファイル作成。(.p12)

先ほど指定したエクスポートフォルダにプロジェクト名.apkファイルがあるはずです。

これを実機のAndroidタブレットに送ります。
(私はUSB接続面倒なので、PCからGmailの添付ファイルとして送信して、タブレットからGmail添付ファイル開く方法でやっています)

タブレットでファイルをインストール。(添付ファイル開くと自動的になります)

アプリ一覧に作成したプロジェクト名のアプリがあるはず、クリック。

でた
傾けるともちろん縦画面、横画面切り替わりますね。

私にみたいにAndroidの知識ほぼゼロでもFlashBuilder4.5でAndroidアプリ完成しました。

今回、作成したapkファイルを実機で実行しましたが、実機でのデバッグもできるみたい。
私の使用しているタブレットがunipad(中華パッド)なので、どこまで対応できるか微妙だけど、トライしてみよう。
今度、結果報告しますね。

アドビストアで買い物する方はこちら

(参考サイト)
Flash Builder 4.5でAndroidアプリを作ってみた
http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/fb4_5_android/01.html
2011-05-30 : Flex : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EasyBitsGO.exe


Menu KeyMenu Key / trekkyandy


今日、身に覚えのないアイコンがデスクトップに作成されているのを発見。(2011.5.29)

ゲームで遊ぶ (EasyBits GO)

ん?
なんじゃこりゃ。
特に変なサイト入っていないしな~
ウィルスかな

ちょっと調べると、Skypeの文字が。
http://publicnote.wordpress.com/2011/05/29/play-games-easybits-go/

確か今日スカイプのポップアップ出てきてのを思い出した。
でもアップグレードしないってしたような。
勝手にインストールしちゃったの?


スカイプ大好きだったけど、マイクロソフトに買収されて変わっちゃったのかな?

真相はよく分からないけど、
アンインストールしておこうっと。

↓↓↓↓(2011.5.30追加)↓↓↓↓
って簡単にいったけど、EasyBitsGO.exeアンインストール結構すんなりいかないじゃん。

■EasyBitsGO.exeアンインストールの仕方
①コンパネで通常通りアンインストール

②デスクトップのショートカットも削除しましょう。

③綺麗に消してくれないので、自分でデータ先削除しましょう。まずデータ先確認。
スタート→すべてのプログラム→ゲームで遊ぶ(EasyBits GO)を右クリック→プロパティのリンク先見るとデータ保存先が分かります。
私XPの場合("C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Easybits GO\EasyBitsGO.exe")
隠しフォルダじゃないか。

③'隠しフォルダ表示になっていない方は以下の手順で表示します。(XPの場合)
マイコンピュータ→ツール→フォルダオプション→表示ダブクリック。
ファイルとフォルダの表示で「すべてのファイルとフォルダの表示」を選択してOKクリック。

④フォルダごと削除っていきたいけど、そうすると使われていますみたいなエラーがでるので、タスクトレイ(右下あたりの時刻あるところ)で右クリック終了。(もしくはタスクマネージャのプロセスで終了でもよいけど)
【ポイント】右クリック終了は「EasyBitsGO」だけではだめで、「Skype」も同様に終了させないといけない。(君たちグルか)

⑤これでフォルダを削除(ゴミ箱にも残したくないので、Shift+delete)

⑥最後にスタートすべてのプログラムのショートカットも削除

⑦あとは塩まいておけばOK(笑)

これですっきりした。(多分いないはず…)




2011-05-29 : 小ネタ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Android 開発環境準備



Android Invasion! / rmarshall


FlashBulder4.5でアプリケーション作成したときは、この準備は無くてもできました。
これからの説明はFlashBuilder4.5でなく、EclipseでJaveで開発する際の準備です。

Android開発するには以下の環境が必要です。
・Eclipse(こちらでAll in Oneインストール済み)
・JDK(こちらでインストール済み)
・Android SDK

サポート開発環境についてはこちらで確認して下さい。
Android Developersサイト
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/requirements.html

ということで、私の場合、まだAndroid SDKをインストールしないといけませんね。

■Andorid SDKインストール
Android Developersサイトアクセス。
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

installer_r11-windows.exeをクリックしてインストーラダウンロード。

exe実行

セットアップウィザード立ち上がるので、「Next」クリック。

Java SE Development Kit(JDK)not found.」
ん?JDK入ってますけど!
進めないじゃん。(※)

ネットで調べる。
「JDKが認識できない画面を一度Backで戻って、再度同画面に進むとJDKが何故か認識されるようです。」
http://www.hlplus.jp/php/blog/index.php?UID=1298718926
バグってまじかよ。(こんな裏技いらないよね。そのうち修正されるでしょう。2011.5.28時点)
言われる通りしたら進めて「Next」クリック。

インストール先を指定、確認して「Next」クリック。

「Install」クリック。

「Next」クリック。

「Finish」クリック。

Android SDK and AVD Mangerが自動起動。

Choose Packages to Installフォームでどれをインストールするか選ぶんだろうけど、私はよく分からないから「Accept All」にして「Install」クリック。

結構時間かかるな~(Accept Allにしたからかもしれないですが)
夜1時も過ぎていたし、30分くらいかかった時点で不安に。
ちょっと調べるとこんなブログがあって、インストール5時間かかったって記事が…。
http://plaza.rakuten.co.jp/noranekoPC/diary/201104140000/
じゃ、寝てしまおう。(※)

朝起きて、
DoneってメッセージでたらCloseしましょう。

その他、詳細な設定をしている他サイトもありましたが、私はこのままでいきました。

■環境変数の修正
コントロールパネル→システムの詳細設定→詳細設定タブ→環境変数

システム環境変数の「Path」を選択して「編集」をクリック。
変数値の末尾にSDKのフォルダパス\tools;と既にある入力値に追加してOKをクリック。
(デフォルト:C:\Program Files\Android\android-sdk\tools)

Windows再起動


■EclipseでADTプラグインインストール
Eclipseインストールしていない方はこちらを参照。
インストール済み前提で進みます。
Android Development Tools(ADT)プラグインをインストールします。
Eclipse起動→へルプ→新規ソフトウェアをインストール

「追加」ボタンクリック。

名前、ロケーションを入力。
名前:Android Plugin(任意)
ロケーション:https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
(https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/がダメならhttpsをhttpに変えてトライ)

本来ならここで、Android Pluginを選択すると、名前のところにDeveloper Toolsみたいのが表示されるらしい。
けど私のはでない。
操作対象のとなりに☓印がでて「ロケーションが絶対値である必要があります」ってコメント。
Android以外においてもそうなってる、ん~、ネット上にも情報ないな~。
ウィンドウ→設定→「インストール/更新」みてもちゃんと入っているのだけどな。
分からない。(※)

操作対象を「すべての使用可能なサイト」にして、表示さえる中身を見ていくと、「開発ツール」の中にAndroidの文字が!
これにチェックいれれば良いのでは?
「開発ツール」にチェックして「次へ」。

Android DDMS
Android 開発ツール
Android Hierarchy Viewer
Android Traceview
が表示されているので、「次へ」クリック。

なんかこれで他サイトの説明に追いついた気がする。
それぞれ、「同意します」にチェックして、「次へ」が押せないな~、「終了」ボタンクリック。

セキュリティ警告(署名なしコンテンツソフトウェアをインストールしますか?)でたけど、OKクリック。

再起動するか聞かれるのでEclipse再起動しましょう。
念のため、最近覚えたクリーン起動


■ADTの設定
Eclipseメニューのウィンドウ→設定→Android
SDKロケーションにandroid-sdkフォルダまでのパス設定してOKクリック。
(デフォルトだとC:\Program Files\Android\android-sdk)


■動作確認
以下のサイトを参考にHelloWorld作成してみましょう。
http://sky.geocities.jp/izeefss/develop/android/hello_eclipse.html
AVD(Androidアプリが動作する仮想マシン)がなかったので、AVD作成してうまくHelloWorldがエミュレータに表示されました。
2011.6.16追記→Atomではエミュレータうまくいかない


設定でいろいろつまずいたけど、ちゃんとインストールできたってことかな。
他のサイトをメインで作業した方が良いですね
ちょっとエラーとか出たとき用(※あたり)に本ブログを利用してもらえばと思います。

あとあと、作業していて何か漏れとかあったら修正しておきます。その時はお許しを。
2011-05-29 : Android : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

正規表現


入力フォーム作るときに、文字の入力制限などをするとき、正規表現を使ったチェックが行われる。

正規表現で
Flex[0-9]
って書くと、
Flex0かFlex1か…かFlex8かFlex9
を表すことになります。

と、ちょっとした正規表現は知っていたが、
実はいろいろあるんですね。(私が知らなかっただけかもしれないですが)

(おすすめ参考サイト)
http://www.sixnine.net/regexp/regexp1.html
http://www.mnet.ne.jp/~nakama/

Javaの正規表現についてはこちらがサンプル多いです。
http://daipresents.com/2008/java_regex/

っていうか、Amazon見たら「正規表現」だけの本があるんですね。驚き!
奥が深いんだな~
2011-05-28 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ