日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Googleアドワーズ 7500円無料体験券


今日、グーグルから郵便が届いた。

Googleアドワーズの7500円無料体験券
締め入りは2011年9月30日まで申し込み有効らしい。

現在、このブログでもGoogleアドセンスの広告を貼っています。
アドワーズは広告を出す方、アドセンスは広告をコンテンツに貼る方用ですね。

アドワーズがどのくらいの効果あるかとか知るには良い機会かなと。

5分で申し込み手続きが可能という手順も書いてある。

へ~、こんなカンタンに出来るんだ。

これじゃ、広告代理店もスルーされちゃうわけだ。

テキスト広告は特にデザインとかも気にしなくて良いから、お手軽だ。
それに比べてテレビCMなどの費用対効果って本当にあるのだろうか。
どういう風にチェックしているのかな。

アドワーズは単純にクリック数で確認できるので把握もしやすい。
広告の割合がテレビからWEBに移行していく理由が分かるな。


追記
プロモーションコードを入力する必要があるんだけど、その時の注意点。
xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx
プロモーションコードは4文字の英数字が5つのグループになっています。

私は、最初入力してもプロモーションコードが無効みたいなメッセージがでて、
何度もトライしてやっと気がついた。

てっきり、各グループの間のハイフン(-)を除いた形で入力していたんだけど、ハイフン込みで入れないといけないらしい。
それに気がつくのに10分のロスをしていた。
皆さんは気をつけてくださいね。
スポンサーサイト
2011-08-31 : Google : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

joomla PHP修正方法


joomla使い始めて、管理画面の基本操作や、記事の追加修正などは使いこなせるようになってきたけど、PHPの修正はまだ行ったことが無かったのでちょっといじってみようかなと。

テンプレートは購入したもので、joomlaのバージョンは1.6です。

■joomla管理画面でPHPファイルを編集の仕方
joomla管理画面でエクステンション→テンプレート管理

スタイルとテンプレートメニューがあるのでテンプレートをクリック。

いろいろあるテンプレートの中から、「採用しているテンプレート名+詳細」をクリック。

メインページ用テンプレートの編集クリック。

メインページのPHPファイルであるindex.phpを編集できます。

編集後は「保存」ボタンをクリックして、サイトはクリックすると変更が反映されているはずです。


せっかくなのでindex.phpを何か変更してみます。
■copyright 2011の年部分を変数化してみる
私の使用しているテンプレートはコピーライトの年部分をハードコーディングで2011と決め打ちしている状態だった。
別に2012年になったら、2011を2012に変更すれば良いだけだが、そんなものは変数化した方が忘れなくて良いかなと。
ちなみにPHP初心者なので、参考書見ながらの作業でしたけど。
PHPの文字列連結は.なんだとか、その場で調べながらやっているうちにPHPの雰囲気が分かってきた。
(修正前)
<?php echo JText::_('companyname &copy; 2011');?>

(修正後)
<?php
$today = getdate();
$strcopy = 'companyname &copy; ';
$strcopy .= $today[year];
echo JText::_($strcopy);?>


こんな感じにすると、現在の年を取得して、書きこむ用になる。
うん、うまくいった。

結構webサイト見てもコピーライトの年が数年前のってよく見るから、そうならないようにしときましょう。

ひとまず、プチ修正で変更方法の雰囲気が分かった。

PHPを見ながら、実際にhtml化したあとのソースを見比べると、このコマンドでこんなhtml化するんだとか、テンプレートの変更箇所なども理解しやすくなった。
ただ単に記事追加するだけじゃなくこのあたりもカスタマイズしていくと面白いかもしれないな~。

もっとPHP勉強せねば!
2011-08-30 : CMS : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

SSL比較


先週のオープンソースカンファレンスのくじ引きでこんなものが当たった。

当たったことすら忘れていて、引換手順の資料がかばんから出てきて気がついた。

アルファSSL証明書プレゼント

SSLの証明書がプレゼントってはじめて聞いた。
(1年間の使用料が無料ってだけらしいけど)

なかなかこのプレゼントで喜ぶ人っていうか、ちょうど必要だったって方少ないじゃないかな…
でも、私にとっては良いタイミング。

そろそろ始めるサービスのSSLをどうしようか考えていたところだった。

でもアルファSSLって初耳。
アルファSSLサイト
http://www.toritonssl.com/index.html

へー、年額12,600円なんだ。安いね。

ちなみに大手というか有名どころのSSL料金比較はこちら。
SSLプロバイダを斬る!SSLサーバ証明書 徹底比較!

大手ベリサインは85,050円/年から。
お手頃価格で最近人気のグローバルサインでも36,540円/年なんだね。

そう思うと、アルファSSL超安いじゃん。
+1年無料ってありがたい。

そもそもSSLの目的は、通信の暗号化とサイト運営者の実在性を明示なので、安ければ良いというものでもないけどね。サイト訪問者に安心感与える必要があるので有名な認証局の方が良いといえば良いわけで。

まっ、暗号化するだけならオレオレSSLでも良いわけだしね。

アルファSSLの実績等も考えてもう少し検討してみようっと。
2011-08-29 : セキュリティ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MySQL レプリケーションの前提条件


現在、この本でレプリケーションについて勉強中。
まだ途中だけど、かなりgoodですね。
[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
p77あたりを参照。

ちょっと忘れないようまとめておこう。

■MySQLのレプリケーションの条件(前提条件)
・マスタは複数のスレーブを持つことができる
・スレーブはマスタをただ1つ持つことができる
・すべてのマスタ、スレーブの中で一意なserver-idを指定しなければならない。
・マスタはバイナリログを出力しなければならない。


(用語)
●バイナリログ
・マスタで作成されるログファイル。
・データ更新する処理のみ記録。
・テキスト形式でないので、テキストエディタで見れず、mysqlbinlogコマンドでtxtに変換。

●リレーログ
・スレーブで作成されるログファイル。
・スレーブのI/Oスレッドが、マスタから更新ログを受け取り、スレーブ側に保存したもの。(内容はバイナリログと同じ)
・SQLスレッドによって自動的に削除される。

●スレーブのI/Oスレッド
・マスタから得たデータ(更新ログ)をリレーログに記録する。

●スレーブのSQLスレッド
・リレーログを読み取ってひたすらクエリを実行する。

●ポジション情報
・マスタのホスト名、ログファイル名、ログファイル中の処理したポイントといった情報。
・master.infoで管理。(以下のSQL文で確認 SHOW SLAVE STATUS)


書籍にはMySQLでサポートしているのは「非同期のデータレプリケーション」って書いてあるけど、MySQL5.5から「凖同期レプリケーション」も用意されている。これは先週参加したオープンソースカンファレンスで説明聞いたからよくわかる。ちょっとずつ機能アップしているんだな~

ちなみに以下のサイトはポスグレとMySQLのレプリケーション機能について比較してある。

(参考サイト)
レプリケーション比較 PostgreSQL vs. MySQL
2011-08-28 : DB : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

IT勉強会カレンダー


最近、JAWSやFxUGなどユーザグループ参加するようになって、自分に興味のある分野のセミナーというか勉強会に行くことが多くなった。

いつも、チェックしているユーザグループなどは、細目に見るけど、実は自分の知らないだけで、自分の住んでいる近くで勉強会行われているってことも良くあるはなし。

なんか勉強会把握できる良いサイトないかな~って見ていたら、かなりナイスなサイト発見したので情報提供。
既に知っている方も多いかもしれないけど。

IT 勉強会カレンダー

内容検索というより、日程検索といった感じかな。
グーグルカレンダー上に全国のIT勉強会がまとめてある。

こうやって見ると東京って勉強会とかセミナー多いよな~。
東京勤務の時、もっと活用していれば良かったな。

外にでて、東京のメリット気が付きました。
2011-08-27 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。