日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

Android アプリ更新設定変更(自動更新、Wifi接続時、自動更新しない)


Androidで写真印刷するためにWiFi接続したら、急にいろんなアプリの更新が始まった。
基本、アプリの自動更新しない設定にしていて、自分でアプリの更新していたので、一体どういうことかって焦ってしまった。

Android アプリ更新設定を確認する方法


[Playストア]アプリ起動

左上のメニュー「三アイコン」

[設定]

[アプリの自動更新]
以下のどれかにセットしてあるはず
①アプリを自動更新しない
②常にアプリを自動更新する
③WiFi接続時のみアプリを自動更新する


今回、私は③になっていたので、急にアプリの更新が開始したのが理由ということでした。
ということで、自動更新しないように変更しました。

Android アプリ自動更新しないようにする方法


[Playストア]アプリ起動

左上のメニュー「三アイコン」

[設定]

[アプリの自動更新]

[アプリを自動更新しない]にチェック

これでOK。

(参考サイト)
アンドロイドのアプリの自動更新と停止の仕方
2014-09-28 : Android : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

highcharts 日付フォーマット一覧


highchartsメモ

datetimeのフォーマットapiリファレンスはこちら
http://api.highcharts.com/highcharts#xAxis.dateTimeLabelFormats

デフォルトが海外表記になっているので、日本に馴染みのある表記(yyyy/mm/dd)みたいに変えようかなと。
%bとか見慣れないのがあったので、どのようなものが用意されているか一覧確認したいなと思っていたらこちらに書いてあったので、メモしておきます。
これでフォーマット色々いじれそうだ

(参考サイト)
How to get highcharts dates in the x axis?

highchats 日付フォーマット dateformat


%a: Short weekday, like 'Mon'.
%A: Long weekday, like 'Monday'.
%d: Two digit day of the month, 01 to 31.
%e: Day of the month, 1 through 31.
%b: Short month, like 'Jan'.
%B: Long month, like 'January'.
%m: Two digit month number, 01 through 12.
%y: Two digits year, like 09 for 2009.
%Y: Four digits year, like 2009.
%H: Two digits hours in 24h format, 00 through 23.
%I: Two digits hours in 12h format, 00 through 11.
%l (Lower case L): Hours in 12h format, 1 through 11.
%M: Two digits minutes, 00 through 59.
%p: Upper case AM or PM.
%P: Lower case AM or PM.
%S: Two digits seconds, 00 through 59
2014-09-26 : JavaScript : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

highcharts チェックボックスをラベルの左側にセットする方法


highchartsメモ

highcharts チェックボックスをラベルの左側にセットする方法


highchartsのチェックボックスに連動して、グラフ表示する場合あるけど、その場合ラベルの右側にチェックボックスがくる設定になっている。

簡単にleft rightみたいに、ラベルの左側にさせれるかと思ったけど、できないみたい。

こちらのサイトにラッパー関数作ってあったので参考にすればうまくいきました。
日本語ラベルだと、若干パラメーター変更したないと文字が重なったけど、とても助かりました。

(参考サイト)
http://jsfiddle.net/Le4Vc/15/
http://stackoverflow.com/questions/19174158/in-highchart-legend-want-to-bring-checkbox-at-start
2014-09-24 : JavaScript : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

highcharts 線なし マーカーのみ表示


highchartsメモ

highchartsのlineで線なしにする(マーカーのみ)方法


lineWidthを 0にすればOK。

てっきり、線表示ON OFFみたいなプロパティがあってtrue falseみたいな設定できる思って、リファレンス探してたけど見当たらず、結構迷ったけど、結局、線太さ0でセットするとは。

(参考サイト)
http://api.highcharts.com/highcharts#plotOptions.line.lineWidth
http://www.highcharts.com/stock/demo/markers-only
2014-09-24 : JavaScript : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

AWS MFA(多要素認証)を仮想MFAデバイス(Google認証システム)でやってみた


GoogleAppsの2段階認証をしたついでに、AWSの2段階認証もしておこうかなと。
AWSの場合、多要素認証、2要素認証って呼び方する場合が多いかもしれないですね。
いつかやらなきゃと思っていながら、ズルズル後回しにしていたので。。。

AWSのMulti-Factor Authenticationのページはこちら
「AWS Multi-Factor Authentication (MFA)は、ユーザー名とパスワードに加えて保護を強化できる、簡単なベストプラクティスです。」

昔は、ハードウェアMFAデバイス(12.99ドル)しか無かったと思っていたけど、仮想MFAデバイスが無料で使えるので、お手軽になりましたね。

スマホは、Andoroidですが、Google 認証システムアプリをインストール済前提です。インストールした時のメモはこちら。
(参考サイト)】
GoogleApps(Gmail)の2段階認証をGoogle認証システムアプリで行う方法

AWSルートアカウントのMFA(多要素認証)設定


【PC】
AWSマネジメントコンソール

【PC】
ルートユーザーでログイン

【PC】
右上のユーザー名のプルダウンから[Security Credentials]

【PC】
[Dasnboard]

【PC】
[Activate MFA on your root account]

【PC】
[Manage MFA]

【PC】
デバイスを聞かれるので、私の場合、仮想MFAデバイス(Google 認証システム)を使用する予定なので、
[A virtual MFA device]を選択して、[Next Step]

【PC】
MFAアプリインストールしといてよと言ってくるので、インストール済なので、[Next Step]

【PC】
ブラウザにQRコードが表示される。

一旦、スマホに移る。

【スマホ】
Google 認証システムアプリ起動

【スマホ】
メニューボタン(漢字の三みたいなボタン)

【スマホ】
[アカウントを設定]

【スマホ】
[バーコードをスキャン]

先ほどのQRコードを読み取る
アカウントの名前は「root-account-mfa-device@(アカウント名)」
6桁コードが30秒おきに変更するので、連続する2回分を以下にそれぞれ入力
Authentication Code 1
Authentication Code 2

Finish


IAMユーザーアカウントのMFA(多要素認証)設定


AWSマネジメントコンソール

[IAM]

[Users]、指定するユーザクリック

下にスクロールしていって[Security Credentials]のMulti-Factor Authentication Device:Noになっているので、[Manage MFA Device]クリック

あとはルートユーザーと同じステップですね。

IAMユーザがログインする場合、MFAデバイス持っていますにチェックして、コード入力してログインするようになります。

これでセキュリティ高めれたかな。

(参考サイト)
Amazon IAM編~MFA~
2014-09-11 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ