日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

twitter 退会 再登録 注意事項 +裏技



Mini Chaveiro Twitter / Coletivo Mambembe


2年くらい前にツイッター登録していたけど、一回もつぶやいていなかった。
興味本位で登録したものの、いまいちやってみたいという動機がおきなくて。


最近、ブログにもツイートボタン設置したりで、そろそろツイッター開始しようかなと。
今思うと、ツイッターアカウントのセンスないなと思って、一度退会して再登録しようと退会しました。



再度、登録しようとしたら、以前と同じメールアドレスだと弾かれた…

勢いで退会クリックしていたけど、こんなこと書いてあったらしい。
「このアカウントで登録したユーザー名やメールアドレスを他のアカウントに利用したい場合は、アカウントを削除する前にユーザー名やメールアドレスを別のものに変更してください。ユーザー名やメールアドレスを変更せずにアカウントを削除してしまうと、そのユーザー名やメールアドレスで新しくアカウントを作ることはできません。」

ネット上でも、困ったっていう書き込み多々あり。


今思うと、設定変更だけで、退会する必要無かったね…


ショック!
別のアドレス作れば良いけど、このためにもう一つ管理するのは面倒くさいなと。


良い案発見。

もともと、gmailアドレスを登録に使っていたんだけど、gmailって二つのドメイン持っているって知ってた?
通常、「アカウント名@gmail.com」を使っていると思うけど、「アカウント名@googlemail.com」っていうのも用意されている。(意外に知らない、裏技

試しに「アカウント名@googlemail.com」にテストメール送ると、ちゃんと受信出来るはず。


ということで、「アカウント名@googlemail.com」の方でツイッター再登録すれば、別アドレスを管理する必要なくなります。



ツイッターのユーザ登録のデータベースについて考えてみた。
退会の際にアカウント(メールアドレス)がdeleteされていないってことは、退会フラグかなにかで別フィールドで退会有無を管理しているってことか。
ユーザ数が多いので、「delete」より「update」の方が良いっていう考えなのかな。


まっ、退会するときにはちゃんと説明文読みましょうってことで。



↓2011.10.27追記
調子乗って裏技って書いて、えばっていたんですが、もっとすごいことあったんです!!
私も知らなかった

例えば、abcdefghijk@gmail.comっていうアドレスを持っていた場合、アカウント部分にピリオドが入っているものも受信可能だってよ

どういうこと?

それはね。

abcde.fghijk@gmail.com
abcde.fgh.ij.k@gmail.com

でも受信できちゃう。。。


abcde......fgh.ij.k@gmail.com
こんなんでも!!


ふ~う。
ということで、1つのアカウントでいっぱいのメールアドレス持っていることになるんだね。

これこそ裏技だね。

まっ、嘘だと思ったらまず試してみて。
私も10分前に「えっ」ってなったので。

(参考サイト)
1つのGoogleアカウントで、複数のGmailアドレスを使う方法

Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本
関連記事

2011-07-04 : 小技 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。