日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Amazon アソシエイト 画像大きく表示させる方法


これまで、このブログも記事の中にもAmazonアソシエイトのリンクで書籍の紹介などしてきました。
例えばこんな感じ。


いいちゃいいけど、
どうしてもAmazonの用意しているサービス使うと画像が小さいのが非常に残念だな~とずーと思っていた。


たまに他のブログみていて、大きなサイズのAmazonアソシエイトリンクを見かけてどーやってるんだろうなっては思っていた。

ちょっと時間があったので、調べてみることに。

Amazonとは別の作成ツールでつくるらしい。
Amazlet
Gtools
AZlink
あたりが有名どころとのこと。
(参考サイト)
Amazonアソシエイトの画像サイズ調整

結構、いっぱいありますね。

でも私が最終的に選んだのはこのサイト。
pon de link ポンデリンク

非常に使いやすいし、私の場合、いろいろなコメントは邪魔で画像だけにしたかったので、サイズ等自由に変えられるここが1番かなと。

■ポンデリンク使い方
探す書籍を検索

表示する書籍画像をクリック。

アソシエイトidを入力。
(コレいれないと、購入されてもあなたに入金されないので間違えずに入力。-22の前の部分)

設定。
私の場合
横幅150px。
画像をリンクにする。
クリックしたとき新しいページを開く。
作るボタンクリック。

画像用タグをコピーして、ブログに貼り付け。

すると、こんな感じ。
Amazon Web Services ガイドブック クラウドでWebサービスを作ろう!


大分見やすくなったと思う。

ポンデリンクの唯一の弱点は、ユーザを認識しないところ。
今回の設定を記憶できないので、毎回同じid、サイズを入力しないといけない。
(あまり登録して情報残したくない人には良いことだけど)

意外にアソシエイトidって覚えられないんだよね。
最後にランダムな文字列付いているので。

左のフリーエリアの書籍紹介もこれで作り直しました。

さ、見やすくなったので、じゃんじゃんクリックして良いですよ

(参考サイト)
マジで使えるAmazonアソシエイト(アフィリエイト) 画像作成ツール pon de link(ポンデリンク)を使い倒す!


追記2011.7.18
FC2ブログってモバイル用にサイトを修正して表示してくれるんだけど、その時Amazonアソシエイトの画像リンクだと表示されません。
今後ますますモバイルからのアクセスが増加することを考えると、モバイルで紹介書籍が空欄になるっていうのは、なかなか悲しい。ポンデリンクを使えばそんな心配もなく、画像表示、Amazonリンクになるので、モバイルからの紹介料も取得可能になります。
いいことばっかりなので、超おすすめ!


追記2012.02.14
なんかアソシエイトのサイトでも、画像のみでちょっと大きいサイズの作成できるようになっていますね。サイズは商品イメージ小と商品イメージ大の2通り。自由には変えられないですが。
(商品イメージ小)

(商品イメージ大)
関連記事

2011-07-09 : ブログカスタマイズ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ありがとうございます。
参考になりました!ありがとうございます☆
2012-06-12 13:52 : 感謝 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。