日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

MySQL 日本語設定


この続きになります。

MySQLをインストール後に、日本語データを扱えるように設定する必要がありますが、
その設定をしないとどうなるかを、まずチェックしたいと思います。

■ひとまず、確認作業
コマンドプロンプトで、
mysql -u root -p

パスワード入力

mysql>SHOW databases;
※databaseでないので要注意。複数形ね。

ここで作成済みのデータベースが表示されます。デフォルトでも3,4つ作成済みですね。

mysql>Create database testdb;
一端、testdbというサンプルDB作成しましょう。まっ、入れ物を作っただけですけど。

再度、
mysql>SHOW databases;
で確認すると、testdbが入っているのを確認できます。

では、同様に日本語のデータベースを作成しましょう。

mysql>Create database てすと;
コマンドプロンプトで日本語入力はこちら

エラーでましたか?ひとまず、でましょう。
mysql>exit


■設定作業
そこで、設定変更しましょう。設定方法もMySQLのバージョンによって異なるそうです。こちらは5.0系ですので注意。
MySQLインストール先(私の場合、C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.5)に
my.iniがあるので、テキストエディタで開いてください。

latin1になっている部分を、cp932に置き換えます。
↓の例では、もともとの行の先頭に#をつけてコメントアウトしています。

[mysql]
#default-character-set=latin1
default-character-set=cp932

[mysqld]
#character_set_server=latin1
character_set_server=cp932

再度確認しましょう。

■再確認作業
コマンドプロンプトで、
mysql -u root -p

パスワード入力

mysql>Create database てすと;

mysql>SHOW databases;
でDatabaseの中に「てすと」が入っているはずです。


cp932以外にも、漢字コードもいろいろあるようなので、気になる方はこちらにまとめられていましたので、参考にしてください。
http://www.kkaneko.com/rinkou/mysql/code.html


今回のチェックはdefault-character-setに関係する部分ですが、
また、my.iniファイルをdefault-character-set=latin1に戻して、show databasesすると、
てすとの部分が???になってしまうのが分かると思います。


私も設定の細かい部分とか良く分かっていないですが、
ひとまずこれで日本語対応になるらしいです。

私も勉強しまーす
関連記事

2011-04-18 : DB : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ