日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

ASP.NET 検証エラーを消したい。 検証(XHTML 1.0 Transitional)


CheatSheetCheatSheet / yyq123


ASP.NETでプログラム修正を依頼されて、VS2005で既存ソースのaspxファイルを開くとエラー一覧がこんな状態に。

検証(XHTML 1.0 Transitional): この名前は大文字を含んでいます。ここで使用することはできません。
検証(XHTML 1.0 Transitional): この名前は大文字を含んでいます。ここで使用することはできません。
検証(XHTML 1.0 Transitional): この名前は大文字を含んでいます。ここで使用することはできません。


ものスゴイ数。。。

このエラーは特に実行して何か問題がある訳でなく、aspx部分を「XHTML 1.0 Transitional」で検証すると、構文的に直してねということ。
今回、作成するシステムは、ローカル環境で使用し、ブラウザも固定なので、このあたりはあまりシビアに作成する必要がないとのことだ。


なぜこんなエラーがでるというと、
世の中、HTML5なときにこんな古い事例で申し訳ないですが。。。
(参考サイト)
HTMLとXHTMLの違いはどこにある?

・要素名は小文字に統一
・属性を必ず引用符で囲む
などなど

このようなことをしていないと、XHTML 1.0 Transitionalで検証するとエラーって怒られる。

VS2003で開発していたときはこんなエラーでなかったような気がするけど。(昔のソースを最近の開発環境でいじるとよくでてくるケースかな)
本来なら、言われた通りに直すべきだけど、そんな時間もないしほっておく場合、これらのエラーが残っていると開発中に出たエラーが紛れてしまって作業がしにくい。

早速、検証エラーを表示しなくしたいなと。

検証エラーを消す方法


ツール→オプション→テキストエディタ→HTML→検証
ターゲットがXHTML 1.0 Transitionalになっているので、その部分を変えて、表示エラーのチェックを切り替えて自分が出したくないエラーのチェックを外せばOK。

これでひとまず機能追加作業にだけ集中できます。
あとあと時間できたら、検証エラー部分も直していきましょうか。
関連記事

2012-03-21 : VisualStudio : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ