日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ASP.NET windows7(64bit)で32ビットアプリケーションを有効化する方法



Intel Core 2 Duo E7300 CPU / William Hook


Windows7(64bit)でWindowsアプリケーションデバッグしたとき、以下のエラーがでた。
'Microsoft.JET.OLEDB.4.0' プロバイダはローカルのコンピュータに登録されていません。
そのときの対処法は、ソリューションプラットフォームを[Any CPU]から[x86]に変えるとうまくいった。(詳細こちら


Webアプリケーション(ASP.NET)でもwindows7でmdbにアクセスする部分で同様のエラーが発生。
今度もVS2005上で[Any CPU]から[x86]に変えてみたがうまくいかなかった。

やっぱりちゃんと理解しよっと。

以下の一連の記事に書いてあった。
32bitと64bitの違いから、なぜ今回プラットフォームを変える必要があるか理解できる。
(参考サイト)
Part 1. 64 ビット Windows OS の基本知識
Part 2. .NET Framework 2.0 アプリケーションの 64 ビット対応

ちょっと大事な部分まとめておく。(参考サイト抜粋)
"Any CPU" とは、「実行時に、どのような CPU 向けのネイティブコードを作成してもよい」というスイッチです。これを指定しておくと、x86 版 Windows 上で実行したときは x86 コードに、x64 版 Windows 上で実行したときは x64 コードに変換されて実行されるようになります。
それ以外のスイッチは、「どんな環境だろうと、指定した CPU 向けのネイティブコードしか作成しちゃいけません」というスイッチです。例えば "x86" を指定しておくと、x64 版 Windows 上で実行した場合でも、強制的に x86 コードに変換されて(WOW 上で)実行されるようになります。

64 ビット版 Windows OS でも、32 ビット版の Jet OLE DB プロバイダであれば同梱されています。このため、先の Jet OLE DB プロバイダを使うアプリケーションの場合には、このスイッチとして "x86" を指定しておき、32 ビットコードに変換されるようにしておかないと、64 ビット OS 上で正しく動作させることができなくなります。


上の説明で、Windowsアプリケーション作成時に、[x86]に変更したわけがわかる。
続いて、Webアプリケーションの場合はpart3に書いてある。

(参考サイト)
Part 3. ASP.NET 2.0 Web アプリケーションの 64 ビット対応

参考サイト抜粋
ASP.NET Web アプリケーションが64 ビット/32 ビットのどちらで動作するのかは、Web サーバのワーカプロセスの動作モードによって決定されます。

*.aspx ファイルや *.asmx ファイルは実行時に .dll ファイルにコンパイルされますが、これらのファイルはすべて Any CPU としてコンパイルされます。このため、この .dll ファイルが 32/64 どちらで動作するのかは、ワーカプロセスの動作モードにより決定されます。

Web アプリケーションの場合には、Web アプリ側で 32/64 ビット指定をするのではなく、ワーカプロセス側の方でビット切り替えを行う必要がある


で、どのようにするかは、アプリケーションプールの設定を変えればよいらしい。
コマンドでもできるけど、GUIでの方法まとめておく。

ワーカプロセスの動作モード変更する方法(32ビットアプリケーションの有効化)


[スタート]

[コントロールパネル]

[システムとセキュリティ]

[管理ツール]

[インターネットインフォメーションサービス]

左側メニューの[接続]エリアにマシン名が表示されているので、展開する。

[アプリケーションプール]と[サイト]が表示されているので、[アプリケーションプール]をクリック

右側の[操作]エリアに[アプリケーションプールの既定値の設定]をクリック

[32ビットアプリケーションの有効化]を[False]から[True]に変更してOKクリック


アクセスしてみると、mdbオープンできてるみたいだ。
ちゃんとうまくいった!!

独習 ASP.NET 第3版
関連記事

2012-05-14 : VisualStudio : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。