日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

Amazon SimpleDB 使ってみた


ちょっとしたブログパーツ作ろうって思い立って、DBをどうしようかなって思っていたんだけど、特に今回リレーショナルっぽく使わないし、トランザクションも考えなくて良いから、NoSQLにチェレンジしてみようかなと。

AWSの中でも、SimpleDBとDynamoDBあってどっちが良いのかまず悩む。
なんか名前だけみても、SimpleとDyanamoだとDyanamoの方が強そう!って。。。こんなレベルから勉強してみた。

Amazon SimpleDBとDynamoDBの比較についてはこれらで勉強。
Amazon DynamoDB 登場

調べた結果、SimpleDBには色々制限があるそうですね。
・Domainは1AWSユーザアカウントごとに250まで(DomainはRDBでいうテーブルみたいな感じ)
・1Domainあたり、10GBのデータ量、10億Attributeなどなど

他にもいろいろあるけど、私の場合、格納するデータサイズも大きく無いので今回はSimpleDBにすることにしました。(無料枠のみで使えそうだし)

(参考サイト)
Amazon SimpleDB の制限事項


早速使う前に予習。
以下のサイトが非常に勉強になった。
Amazon SimpleDBについて調べたことをまとめました
第38夜 AWS SimpleDBの超基礎

あとは、AWS Toolkit for Eclipseのサンプル見たら、なんとかうまくいく。こんな感じでNoSQLって扱うんだっていうレベルを試すには勉強できて丁度良かった。

こちらにSimpleDBに関するリンク集がまとめてありました。
Amazon SimpleDB 関連情報メモ

関連記事

2012-07-24 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ