日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AWS EC2利用登録


EC2を使うには、EC2サービスの利用登録が必要になります。

■EC2利用登録手順
awsサイトにアクセス。

最上段の「AWS Management Consoleを利用する」をクリック。

サインイン聞かれたら、サインインします。(登録していない方は以前のブログで書いているのでそちらで確認して下さい)

水平メニューの「EC2」を選択

Amazon EC2のサインアップをします。
「Sign Up For Amazon EC2」ボタンをクリック。

サインインして「Sign in using our secure server」ボタンをクリック。

電話による身元確認
登録している電話番号(+81xxxxxxxxx)が表示されるので、国コード(+81)を選んで「確認用に自分に電話する」ボタンをクリック。

実際に電話がかかってきます。
自動音声の外国女性(たぶん金髪)が画面上の4桁のコードを入力してと言ってくるので、4桁プッシュ。
英語力に自信が無い私はかなり緊張

身元の確認完了。
「続ける」ボタンクリック。

料金についての説明が表示されます。
(AWSプレミアムサポートを追加する場合は「AWSプレミアムサポートを追加」を選びますが、私はしませんので)

「サインナップの完了」ボタンをクリック。

再度サインイン聞かれたら、サインインしましょう。

「サブスクリプションを認証しています…」と表示、準備できたら登録アドレスにメールするって。

ちょっと待つ。

Amazonから以下の3つのサービスの申し込みの承認メール3通受信。
・Amazon EC2
・Amazon SNS
・Amazon VPC


ふぅ~、こんな身元確認はじめてで、びっくりしたので、
実際のEC2を扱い方のは次回にしましょう。
関連記事

2011-05-03 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。