日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スタートアップ支援 AWS Activate 軽く調べてみた


今月こんなニュースが。

【AWS発表】スタートアップ支援プログラム、AWS Activate を開始

なになに、AWSがスタートアップ支援だって。
Microsoft BizSparkのAWS版みたいなものなのか?
BizSparkはかなりナイスで、MSさんに感謝しっぱなしです。
BizSpark

VisualStudioの開発者ライセンスやMSOfficeも開発用であればライセンス付与されます。
実はAWSのWindowsServerのEC2インスタンス料金もLinuxOS代になる

(参考サイト)
BizSparkライセンスでAWS(EC2 Windows Server)を安くしてみる


AWS Activateとは


AWS Activateには、「Self-Starter パッケージ」と「Portfolio パッケージ」の2つが用意されていますね。
「Self-Starter パッケージ」は、自分で申し込むスタートアップ企業向け。
私の場合はこっちだな。

「Self-Starter パッケージ」の特権は以下のとおり。
・AWS 無料利用枠
・開発者レベルの 1 か月の AWS サポート
・AWS トレーニング
・セルフペースラボ 1 コース分のクレジット
・スタートアップフォーラム
・サードパーティによる「Self-Starter」の特典

個人的に一番気になるのは、無料利用枠について。
AWSアカウント作成後、1年以上経過しているので、現在、無料利用枠は使えない状態だけど、もしかしてAWS Activate登録すると復活するのかな?

調べてみた。

よくある質問抜粋

AWS Activate に申し込むと、無料利用枠の期間が再開されますか?
いいえ。AWS 無料利用枠は、AWS の新規のお客様のみが、特典の条件(aws.amazon.com/jp/free/terms)に従って利用できます。ただし、他の Self-Starter パッケージの特典はどなたでもご利用いただけます。例えば、AWS トレーニングや AWS サポートのプロモーション特典、スタートアップフォーラム、サードパーティ企業による特典などです。

ううう。。。
無料利用枠は、復活しないそうだ。残念。。。

まっ、現在のところ、急いで登録する必要なさそうだな~
勝手に期待し過ぎたため、若干がっかりしています。

以下のQAサイトで大まかな内容把握できるので、気になる方はチェックしてみては。

(参考サイト)
AWS Activate のよくある質問
関連記事

2013-10-23 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。