日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AWSサポートを解約する方法(開発者からベーシックに戻す) 


AWSサポートの開発者ライセンスに入っていたんだけど、そいや今月一回も問い合わせていなかったなと。

AWSサポートは従量制らしく、聞きたいときに聞くだけ聞いたら、解約というか、ベーシックに戻せば月額50$払わなくて良くなる。
ちょっとせこいけど、またサポートして欲しい時に加入すれば良いので、一旦サービスキャンセルすることに。


ちょっと手探りでやってみた。
AWSマネジメントコンソールにアクセス

Help

Support

サポート

AWSサポートのプラン

Select an AWS Support Plan

AWS サポートのプラン選択
開発者とビジネスしかない。。。

ベーシックに戻すときは、どうすれば良いのかな?


よくある質問に書いてあったのでメモ。

AWSサポートをベーシックに戻す方法


AWSマネジメントコンソールにアクセス

My Account(アカウント管理)

下の方にある、
[選択されたサービスをキャンセル]

AWS Support (Developer)を選択

[サービスをキャンセル]

[Cancel this Service]をクリック


なんとかキャンセルできた模様。
また数ヶ月したら加入するんだろうけど、節約、節約。
なんか、サポートも従量制ってなかなかなくて面白いね。


(参考サイト)
AWSサポート よくある質問
Q: AWS サポート への加入をキャンセルするには、どうすればよいですか?
関連記事

2013-11-29 : AWS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
本投稿に絡んでなのですが、サポート契約時にリザーブインスタンスの残額x10%の料金が発生します。これは都度発生するので、リザーブドインスタンスを多く抱えている場合「ケチる」どころか痛い目をみるのでその点を本文に追記してもらえるとありがたいです
2017-04-16 14:22 : URL : 編集
Re: No title
関連記事発見、知らなかった。
awsサポート、ビジネスサポートとリザーブドインスタンスに関する落とし穴
http://qiita.com/pacojp/items/fe9cab4179bf9ab52c6c
2017-04-17 13:37 : のりのりたかのり URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。