日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

html5nagoya勉強会で発表してきた


11result2

最近ブログ更新頻度が低くなってきたので、勉強会参加のネタで。
HTML5NAGOYA #13参加してきました。

勉強会のツイッターまとめはこちら
http://togetter.com/li/677373

特にhtml5色が弱くても発表の練習に使ってくださいと主催者の方が言ってくれるので、いつもテーマ外で発表しているような。
ちなみに今回テーマは、「ソーシャル、SNS」でした。

私は、発表数日前に急いで作成したイレブンカウンター結果サイトで使われている技術的なことを話しました。
ElevenCounterというサッカーの試合を見ながらリアルタイムで採点するアプリ(Android、iPhone)があるですが、これらはアプリインストールしている人しか採点や結果見られなかったのですが、W杯前ですし、採点結果をWebサイトで見れた方が良いかなと思って。
せっかくなら、html5勉強会前作って発表しようと。3日くらい頑張りました。

ちなみにアプリダウンロードurlは以下です。もし良ければW杯で使ってください。
■Androidアプリ
ElevenCounter サッカー実況応援アプリ

■iPhoneアプリ
Eleven Counter

で、今回発表のため?に作ったWebサイトは、これ。
イレブンカウンター採点結果サイト
http://elevenresult.remoword.com/

一応、レスポンシブにしているので、スマホでもちゃんと見えるはず。(ちょっと表示が遅いな。。。)

アプリもWebサイトもグラフ部分は、GoogleChart(Image Charts)使っていて、画像はURLにパラメータいれると、PNGファイルが返ってきて、その画像を表示しています。
Android、iPhone、Webサイトでそれぞれ言語が異なる場合でも、描画部分を自作しなくてすむので楽ちんというわけです。

(参考サイト)
GoogleCharts


アプリの方は、リアルタイムで採点、集計するので、その都度、DBにアクセスして、グラフ描画APIでリクエストしてけど、結果サイトの方は、試合終了後にバッチ処理で、静的ファイルにしてAmazonS3にアップロードするようにして、S3のみでホスティングしているので、DBにも、Webサーバにもアクセス負荷がかからないという風にしてます。

(参考サイト)
@steelydylan さんが既に勉強会まとめ書いてくれています。そっちの方が詳しいかも。
HTML5NAGOYAに参加してきました。


勉強会後、GoogleChartサイト見ていたら、Image Charts(png画像が返ってくるタイプ)はDeprecation Policy(非推奨)になってて、2015年4月20日までに何かしら対応しないといけなさそう。。。
Google Chart Tools: Image Charts
https://developers.google.com/chart/terms

新たに使ってみようって方は注意ですね。
関連記事

2014-06-12 : 小ネタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。