日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

AWS EC2料金


前回、EC2でデータ取得プログラムを起動した時に各スペックのインスタンスを立ち上げて、処理スピード感度を体感した。
これまで料金については記述していなかったので、まとめておきます。

使用したのAMIは「Microsoft Windows Server 2008 Base」で、インスタンスタイプはMicro、Small、High-Cpu Mediumを使いました。


タイプ別説明。(Microsoft Windows Server 2008 Base、Tokyo

---------------------------------------------------------------------------------
Type | CPU Units | CPU Cores | Memory | Cost | 円/時
---------------------------------------------------------------------------------
Micro | Up to 2 ECUs | 1Core | 613MB | $0.035/h |  2.8円/時
Small | 1ECU | 1Core | 1.7GB | $0.12/h |  9.6円/時
High-Cpu Medium | 5ECUs | 2Cores | 1.7GB | $0.29/h | 23.2円/時
---------------------------------------------------------------------------------


価格は変動することがあるし、Regionによっても異なります。これはTokyoリージョンです。(2011.5.9時点の価格です。)
最近また円高になってきていますね。(現在レート80.6円/$なので計算しやすく80円/$で換算しました)

価格比率はこんな感じ
Small / Micro = 3.428…
High-Cpu Medium / Small = 2.416…

今回私がしたかったのはHTTPアクセスによる長期間のデータ取得だったので、
データ取得の処理速度がSmallとMicroとを比較して、Smallの方が約3.5倍以上早ければ、Smallの方が安くすむことになります。(実際そうでした。)

こんな感じで価格とスペックの関係で処理ごとの最適なインスタンスタイプを決定しましょう。
関連記事

2011-05-09 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ