日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

T2 Unlimited インスタンスに変更


バースト機能あるT2インスタンスは、結構便利で使っているのだけど、クレジット使い切るとへなへなになるので、クレジット残量をアラート等して、色々工夫していた。

なんと、re:Invent2017でT2 Unlimited が発表されたので、ちょっと調べてみた。
(参考サイト)
新しいT2 Unlimited – バーストを超え、高い性能を発揮

・T2 Unlimited インスタンスは、1日分に相当する将来のクレジットを利用して、追加のバースト実行が可能
・クレジット借り入れ残高が1日分の将来クレジットに相当するレベルまで上昇すると、インスタンスはコアのフルスピードの性能を引き続き提供し、LinuxではvCPU時間あたり0.05ドル、Windowsでは0.096ドルのレートで課金
・T2 StandardとT2 Unlimitedの間で、各インスタンスをいつでも切り替えることができる

なんか、お金で解決できるのは非常にありがたい。
これだと、常には負荷少ないけど、単発で高負荷かかるような本番環境でも問題ないような気がするな。

早速試す。

T2インスタンス起動中のものをT2 Unlimitedに変更する方法


マネジメントコンソール

インスタンスにチェック

アクション

インスタンスの設定

T2無制限の変更

T2無制限の変更します。
はい(無効→有効 もしくは 有効→無効)

このあたり、停止しなくてもできるところが本当AWSすげーなと思う。
追加課金されているのが分かるようなアラートも準備しておくと安心ですね。

これで、T2クレジットがなくなってへなへなになる心配が解消されたー


関連記事

2017-12-13 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。