日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AWS ElasticIP 料金 ご注意


最近半月くらいEC2も使っていなく、久しぶりにEC2インスタンス立ち上げようとAWSのサイトへ。
何気なく、AccountActivityで料金確認したら、(確認の仕方はこちら

あれ?

増えてるね~

インスタンス停止しているし、なぜ?

よく見るとElastic IP Addressesのところ。
$0.01 per non-attached Elastic IP address per complete hour が831hrsで8.31$

放置していた半月分も課金されてた。

まっ、1000円未満だから大騒ぎすることないけど、気がつかないとえらいことに。

あまり料金体系を理解していないと、私みたいにななっちゃうのでご注意を。


AWSサイト抜粋。(2011.5.22時点)
Elastic IP アドレス
使用中の Elastic IP アドレスには料金は発生しません。

$0.01/添付されない Elastic IP アドレス/時間
$0.00 / Elastic IP アドレスのリマップ - 最初の100リマップ/月
$0.10 / Elastic IP アドレスのリマップ - 100を超える場合の追加リマップ/月



アタッチしていないElasticIPには1時間あたり$0.01課金される模様。
使っていないから無料と思いきや、遊ばせておくと課金ってことね。

へ~、勉強になりました。(身にしみて)

皆さんも細目にAccountActivityチェックした方が良いかもですね。

早速addressを解放しました。
(アタッチでも良いですけど、要は使っていない状態がダメみたいなので)

■Elastic IP解放手順
AWSコンソールで「EC2」選択。

NavigationペインでElasticIPs選択。

解放するアドレスにチェックして、「Release Address」をクリック。
関連記事

2011-05-22 : AWS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。