日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

FlashBuilder4.5 インストール(アップグレード編)


2日前、待望のFlashBuilder4.5アップグレード版が届いた。

早速インストールしよう。

ちなみに私の環境はAdobe Flash Builder 4のEclipseプラグイン版がインストール済みです。
ドライブ直下の「Adobe Flash Builder 4.5 お読みください.pdf」に書いてある通りだけど、手順はこんな感じ。

ver4のときはEclipseプラグイン版とスタンドアロン版で手順違っていましたが、ver4.5では少し変わった模様。
Eclipseプラグインで使う時も、一端スタンドアロン同様インストールしておいて、別exeをクリックして、プラグインさせる手順。

まっ、流れ書きます。

■Adobe Flash Builder 4 Eclipseプラグインアンインストール
最初ver4プラグイン追加したまま、ver4.5のプラグイン追加しようとしたら、こんなメッセージが。

選択した「Eclipse」フォルダーへのインストールはサポートされていません。
選択したEclipseインスタンスと動作するように、以前のバージョンのFlash Builderが既に設定されています。別の「Eclipse」フォルダーを選択してください。

既存のリンクファイル:com.adobe.flexbuilder.feature.core.nl1.linkのパスが表示されています。

ひとつのEclipseフォルダに対してver4とver4.5バッティングさせちゃダメらしい。
別のEclipseフォルダ作成しても良いけど、私はver4も買ったばっかでサンプルいじっていただけで、思い入れもないので、ver4のプラグインアンインストールしておきます。
プラグインフォルダにアンインストールexeあるので、ダブルクリック。

注意:これが正しいやり方かどうか分からないです。(私はこうしたってだけです。)


■Adobe Flash Builder 4.5インストール手順
インストーラが自動で起動しなかったので「Adobe Flash Builder 4.5」フォルダの「Set-up.exe」をダブルクリック。

「同意する」クリック。

シリアル番号を聞かれるので、ver4.5のパッケージ裏のSERIAL NUMBERを入力。

言語選択を日本語にして「次へ」クリック。

入力したシリアル番号は有効ですが、対象製品がこのコンピュータに見つかりません。
お持ちの製品を選択し、シリアル番号入力してって。
Adobe Flash Builder 4 Standardを選んで、ver4のパッケージ裏のSERIAL NUMBERを入力して「次へ」クリック。

Adobe ID入力して、「次へ」クリック。

「インストール」クリック。

若干待つので、その間は筋トレしましょう。

ブラウザ閉じてってメッセージ。従います。

「完了」クリック。


■Eclipseのプラグインにする手順
上の作業が終わった後インストールフォルダに移動。(デフォルトだとC:\Program Files\Adobe\Adobe Flash Builder 4.5)

「utilities」フォルダの「Adobe Flash Builder 4.5 Plug-in Utility.exe」をダブルクリック。
冒頭で言った別exeってこのこと。

言語を日本語にして「OK」クリック。

「次へ」クリック。

「選択」クリックして、Eclipseフォルダーを選択して、「次へ」クリック。

Eclipseのパス等確認して「インストール」クリック。

以下のメッセージに従います。
最適なパフォーマンスを得るため、Eclipse で使用可能なメモリ量を増やすことをお勧めします。
1) 「Eclipse」フォルダーに移動し、テキストエディターで eclipse.ini を開きます。
2) ファイルの -vmargs の下に、次の行が含まれるように行を変更または追加します :
-Xms256m
-Xmx512m
-XX:MaxPermSize=256m
-XX:PermSize=64m


「完了」クリック。


■おまけ
サラって書いたけど、実はインストールしてちゃんと動くのに2日かかった…
Eclipse開いて、パースペクティブにFlash追加すると、エラーが。
パースペクティブ
com.adobe.flexbuilder.editors.mxml.ui.perspectives.developmentのオープン
で問題が発生しました。


えっ
そこで、ver4もう一度いれたり、ver4.5インストール、アンインストールいろいろなパターン試してもダメで…。
途方にくれてました。
インストール待つ際には最近購入したAndroidタブレットのゲームが役に立ちました…(そんなつもりで買ったのではない!)

・adobeに問い合わせ
→Eclipseのバージョンが原因ではとのコメント
でも、ver4で良かったのに、ver4.5でダメになるってありえないよな?って思いながらいろいろ調べるも、まだFlashBuilder4.5についてのサイト、ブログも少なく、うなっていました。

困ったなって時に、天の声。
「Eclipseそういうことよくなるよ、クリーン起動したら」
えっ、クリーン起動

Eclipse素人の私は知りませんでした。
クリーン起動について。

クリーン起動させたらOK。パチパチ

Eclipse立ち上げるとさらに
ワークスペースの切り替えののメッセージが表示。
現在のワークスペースは以前のバージョンのFlash Builderで作成されています。このワークスペースをこのバージョンのFlash Builderで使用することは推奨されていません。問題が発生する可能性があります。

手順説明先はこちら

英語かよ…

なんか面倒くさそうなので、FB4.5用にワークスペース作ったら問題なくできました。

既にver4持っていてver4.5にアップグレードを考えている方はAmazonで購入できますよ。


新規でFB ver4.5を購入する方はこちら。



アドビストアで買い物する方はこちら
関連記事

2011-05-27 : Flex : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。