日々学んだことを残しておこう。きっと未来の自分が探しにくる。 (ただ忘れっぽいだけです…)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中華パッド(unipad) 有線lan接続対応


私の場合、Androidタブレットを基本、WiFi接続で開発機として使っているんだけど、たまにWiFiを貸しちゃったりして使えない時間帯があったりする。

そのレアケースのためにWiFiをもう一台購入するのもコスト的に勿体無いので、何か良い方法ないかなと思って。

考えた結果、USB用の有線lanアダプタを買えば解決かなと。
(miniUSBとUSBの変換ケーブル②は購入時にセットされていました。)

中華パッド(Unipad)なので使えるか心配になってショップに問い合わせたところ大丈夫とのこと。
ということでご報告。

早速、amazonで購入。

USB用有線lanアダプタ①


明日届く。
果たしてうまくいくか…
っていうか、うまくいってから報告しろよって言われそう。

2011.6.6追記

何かちょっと接続したけどすんなりいかなかった。ひとまず感想。
もう少し調べて頑張ってみます。(この記事見て急いで購入するのはちょっと待った方が良いかもです)


2011.6.9追記
結果報告。
うまくいきました。
2011.6.6時点でうまくいかなかったのは、OTGの方に差し込んでいたのでできなかった…
私の中華パッドにはminiUSBが差し込めるところが、「HOST」と「OTG」と2つあって、「HOST」に最初から備わっているminiUSB⇔USBコネクタ②を接続。(↓のみたいなのです。USBはメスです。私の場合セットされていたので購入していないですが)
miniUSB(ミニBオス)⇔USBコネクタ(メス)②

で、それにこの前購入したUSBオス⇔有線LANアダプタ①を接続。

有線LANアダプタにLANケーブルを接続すると、画面最上段に四角いマークが表示されます。

あとはブラウザ開くと、「ネットワークに接続していません」ってメッセージでるけど、OKクリック。

普通にネットできますね~。
特にドライバとかインストールもなくそのまま使えます。
1275円の投資が無駄にならなくて良かった。
ひとまず、ほっとしました

なんかUSBっていろいろ種類あるんですね。UnipadはUSB(ミニB)になっているのでこのような方法で行っていますが、皆さんはご自分の環境に合わせた買い物してくださいね。差し込めなかったとかは悲しいので。


2011.11.21追記
私は2つかませてやっていたけど、最近ショップのサイト行ったら、1つでminiUSBからLANケーブル接続できるものを売っていますね。しかもunipadで検証済みなものうれしい。
こちら一つ購入で済みそうですね。


関連記事

2011-06-05 : Android : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

広告

読みたいと思っている書籍

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に (KS情報科学専門書) イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

カウンタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GoogleTranslate

管理人のつぶやき

人気記事ランキング

カテゴリ

openclose

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。